To Be a Good Company
MARINE CULTURE

部門紹介

部門一覧

東京海上日動では、ありとあらゆるリスクに対応し、お客様や社会へより良いソリューションを提供するため、様々なセクションが存在しています。

営業部門

営業には、大きく2つのミッションがあります。まずリスクコンサルティング。クライアントのさまざまなリスクを分析し、ニーズを把握して、最適な保険商品を提案していくと共に、事故を未然に防ぐための提案を行います。
もう一つが販売網の拡充・強化。クライアントと直接の接点を持つ代理店ネットワークを強化する役割を担っています。営業は、担当する分野により「コマーシャル営業部門」「パーソナル営業部門」「ディーラー営業部門」の3つの部門に分かれています。

コマーシャル営業部門

大企業をクライアントとし、リスクコンサルティングや保険をはじめとする様々なリスクソリューションを提供します。商社、航空・宇宙、エネルギー、インフラなど業界単位でグローバルに展開する大企業を担当し、クライアントの事業戦略パートナーとして企業代理店やブローカーと連携のうえ、コンサルティング営業を行います。

パーソナル営業部門

地域ごとに所在する企業や個人をクライアントとし、代理店を通じてリスクソリューションを提供します。販売ネットワークの構築・強化もパーソナル営業の大きなミッションです。また、国や地方公共団体などと連携し、全国に跨る団体や組合組織に対して、保険ソリューションを含めたビジネスモデルを構築していく公務ビジネスもパーソナル営業部門に含まれます。

ディーラー営業部門

グローバルに展開する自動車メーカーや、自動車販売を担うカーディーラーなどをクライアントもしくは代理店として、自動車メーカー向け保険プログラムの構築や、自動車ユーザーに保険を提供するビジネスモデルの構築など様々なソリューションを提供します。

損害サービス部門

クライアントの「いざ」に応える、事故を解決に導く役割を担う部門。弁護士、医師、公認会計士、税理士などの社外ブレーンと連携して、付加価値が高いサービスの提供を通じて、事故を迅速、円満な解決に導きます。また豊富な事故データをベースとした自己防止策の提案を行うのも重要なミッションです。対象とする事故の種類により、「自動車損害部門」「火災新種損害部門」「コマーシャル損害部門」の3つの部門に分かれています。

自動車損害部門

自動車事故に遭われたクライアントに対し、保険金の支払や各種サービスの提供を通じて、事故を解決に導きます。単に保険金をお支払いするだけではなく、事故の加害者となったクライアントや、被害者となった相手方の不安や不満を解消し、円満な解決にリードしていくことも求められます。また、輸送業者、運送業者に対しての事故を未然に防ぐロスプリベンションにも取り組みます。

火災新種損害部門

自動車以外の全ての事故を担当し、解決に向けた各種サービスの提供、保険金の支払を担います。事故の種類は火災、自然災害、物流事故から役員賠償、サイバーリスク等、多岐にわたり、弁護士や鑑定人等社内外のプロフェッショナルと連携し、クライアントをあらゆる事故から守り、解決に導きます。

コマーシャル損害部門

主に海外のビッグクレーム(大口事故)に対し弁護士、アジャスターをはじめとするグローバルな専門家ネットワークと連携し、解決に導く役割を担っています。事故の種類は物流、インフラ建設、工場、船舶からPL訴訟、リコールまで多岐にわたります。クライアントを巨額損害から守ります。

コーポレート部門

会社の運営・企画等を担う中核部門。商品開発、海外部門から経営企画、財務、IT部門まで、会社の根幹を成す様々なファンクションを担う組織で構成され、東京海上グループの強固な経営基盤の構築、加速するグローバル経営を支えています。

海外部門

海外拠点数は45の国・地域に上り、現地法人の経営管理や、当社のグローバル戦略の立案を担います。また、クライアントとなる日系企業の海外進出や現地ローカルビジネスの展開など、世界各国のクライアントの多様なニーズにも応えています。

商品開発部門

社会・経済の動向や、クライアントのリスクニーズを的確に捉え、保険商品を含むあらゆるソリューションを開発します。単に商品を開発するのみならず、その販売戦略から収支状況の調査分析、これに関わるシステム開発までを一気通貫で担います。

営業戦略部門

マーケット動向を的確に捉えた営業戦略の策定や営業体制・販売体制づくり、営業部門に対する各種サポートを行います。その業務の範囲は、マーケットごとの基本戦略の策定から、さまざまなエキスパティーズを備えた人材の育成や、情報インフラの整備といった基盤づくり、更には販売促進ツールの作成など多岐にわたります。

財務部門

損害保険会社の資産は保険金の支払の原資となるため、「安全性」や「流動性」に十分留意することはもちろん、営業部門と並ぶプロフィットセンターとして、高い「収益性」を追求しています。国内外の株式や債券、貸付、不動産といった伝統的な投融資に加え、グローバルな調査分析力やネットワークを活かして先端的な投資も行っています。

IT部門

クライアント・代理店・社員が活用するシステムを、より利便性高いものとするべくITの最新動向の研究や、企画・開発を行います。また、最新テクノロジーを駆使し、新たなビジネスモデルの創造を行うなど、当社の経営課題を、ITソリューションという切り口から解決に導きます。

一般管理部門

広報・人事・総務など、本社機能の中枢を担い、会社を支えています。