新卒採用情報TOP > 企業情報 > トップインタビュー

トップインタビュー 次の100年も世界中で真に必要とされる会社であり続けるために 北沢 利文

当社は、わが国初の損害保険会社として1879(明治12)年に創業しました。創業当初より、イギリスをはじめ海外にも事業を展開し、日本の貿易の発展にも貢献してきました。以来、業界の「リーディングカンパニー」として社会が直面するあらゆるリスクに挑み、社会の発展を支えてきました。さらに、1996年には生命保険事業分野にも進出し、損害保険と生命保険の両面からお客様をしっかりとお守りする保険事業を推進しています。

お客様を取り巻くリスクは多様化しています。企業活動はますますグローバル化し、また、産業界では活発なイノベーションが進んでいます。この結果、社会は大変便利で快適になる一方で、従来では予想もつかない新しいリスクが生まれてきています。こうした中で、保険はお客様が抱える様々なリスクや将来の不安に確かな備えを提供する仕組みです。私は社会の期待に応え、これからも当社が果たすべき役割は今後さらに大きくなるだろうと考えています。

保険は「人類が長い歴史の中で生み出した素晴らしい知恵・仕組み」です。個人が日々安心して暮らし、企業が成長を続ける上で、保険による支えは必要不可欠なものであり、社会のインフラとも言えるでしょう。当社で働く社員は「お客様のいざという時にお役に立つ存在になりたい」と願って日々仕事をしています。

当社は保険を通じて、社会の発展に貢献し、お客様や地域社会から真に必要とされる「良い会社 “Good Company”」であり続けます。創業以来、「自由闊達」や「挑戦」を大切にするDNAを持つ企業文化のなかで、社員一人ひとりが失敗を恐れず、次々と新しい取り組みに挑戦しています。

皆さんが持つ潜在的な力を、”世のため人のため”に最大限発揮し、自らを成長させる「挑戦」の舞台として、東京海上日動で活躍してくれることを期待しています。共に「良い会社”Good Company”」を創っていきましょう。